友達からセフレになる方法

元恋人とセフレになる人は少なくありません。
それは恋人の時に、何度もセックスをしているので、セックスに対して抵抗感がないためです。
ですが異性の友達とセフレになるのは、どうアプローチしたらいいのか分からないという人も多いでしょう。
なので異性の友達とセフレ関係になる方法について紹介します。

気を許してもらう事が先決

例えば知り合ったばかりの異性の友達から、セフレに誘われたらどうでしょうか?
最初からセフレ目当てで近づいてきたの?
そんなふうに相手は警戒してしまうはずです。

そのため友達とセフレになるには、まず友達としての距離をしっかり縮める事が重要だと言えます。
気心しれた相手で、この人なら信用出来る、そんなふうに思ってもらう事こそが先決だと言えます。
そのため友達とセフレになるには、焦りは禁物です。

そして友達としての距離が縮まったところで、今度は異性として意識してもらう事がポイントです。
通所友達とは、性別の垣根を超えた存在ですから、相手を異性として見るという感覚はありません。
ですが男性でも、異性として意識していなかった女友達が前かがみになった瞬間に谷間が見えてしまったらドキっとして女を意識してしまいますよね。

それと同じように、セフレになりたい女友達に男の部分をアプローチし、異性として意識してもらいましょう。重たい荷物を持ってあげたり、パソコンの配線をしてあげたり、女性が苦手な事を助けてあげると、男らしさと優しさを同時にアプローチする事が出来ます。

友達をセフレにするアプローチ

友達数人のグループでいつも遊んでいるという場合、大勢で会っていたら、なかなかセフレになるような雰囲気にはなりません。そのため2人で会えるようにセフレになりたい友達を飲みに誘いましょう。

お酒の勢いを借りる事は非常に有効的な手段です。
友達だからこそ友情が壊れてしまうのは怖いので、ストレートにセフレになろうとは言いづらいですよね。
ですがお酒の勢いでセックスをしてしまったら、1度セックスしたら2度も3度も変わらないとずるずるセフレ関係になる事は珍しい事ではありません。

お酒が入ると開放的な気分になり、エッチな気分になる女性は少なくないので、2人で飲む機会を設けてチャンスを作りましょう。