セフレに出来る女性の特徴

女性には、セフレに出来る女性とセフレに出来ない女性が存在しています。
セフレを作る上で重要な事は、セフレに出来る女性の特徴を知る事です。
ではどのような女性は、セフレに出来る女性なのでしょうか?

寂しがり屋の女性は狙い目

まず寂しがり屋な女性は、セフレに出来る女性です。
夜に一人で過ごしていると寂しいので、人肌を求める傾向があるためです。
ただし、この手のタイプに最初から下心を見せると、相手は逃げてしまいます。

そのため最初は下心を隠して優しくし、相手が心を許したら身体も許してくれるという流れを待ちましょう。
寂しがり屋の女性は、奉仕型で尽くしてくれる女性が多い一方で、依存心が強いのが特徴です。

夜中にいきなり「会いたい」などと呼び出して、相手を振り回すかもしれません。
そのためセフレ関係であっても、割り切りの関係は難しいと言えます。
ですがその依存心を上手に利用すれば、長期間のセフレ関係をキープする事が出来るはずです。

押しに弱い女性は強引に誘えばOK

そして押しに弱い女性は、雰囲気に弱く、強引に誘えば断りきる事が出来ません。
なので一夜限りの関係を築きやすいセフレに出来る女性だと言えます。
ただし強引に誘うというのは、無理やり力づくでホテルに引きずり込むという意味ではありません。

嫌がる相手を無理やり押さえつける行為は犯罪です。
そうではなく、ストレートにホテルに行ってセックスをしたいと誘い、一度断られても「何でダメなの?」とめげずに誘い相手が根気負けするまで粘るという意味です。

その他には経験人数が多い女性は、セフレに出来る女性です。
ですがセックス慣れしているため、相手に求める要望も高く、相手を満足させる事が出来なければ、こっちがフラれてしまう事になります。なので2回目以降も関係が続くかどうかは実力が問われます。