競争率が高くても女子大生のセフレを作りたい

セフレを作る際に、あなたはどんな条件検索をしていますか?
若い女性がいいけど、若い女性だとライバルが多くて作るのが大変そうと思う人もいるかもしれません。
ですが競争率が高くても作る価値があるのが、女子大生のセフレです。
では女子大生でセフレを作るメリットについて紹介します。

女子大生をセフレにするメリット

まず女子大生は時間に融通がつきやすいのがメリットです。
お互いに社会人だと、仕事が忙しいとなかなか都合がつきません。
相手が人妻であれば、平日の昼間に限定されてしまいます。

その点女子大生は、講義がない日やアルバイトがない日であれば、昼間に会う事も出来れば夜に会う事も可能です。
土日祝日でも会う事が出来るので、こちらの都合に合わせてもらいやすいため会いやすいと言えるでしょう。

また女子大生はまだ若いため、肌にも弾力があり、スタイルも痩せてて可愛いと言えます。
やっぱりセックスをするのであれば、魅力的な相手とセックスをしたいですよね。
さらに若いという事は、結婚に対して焦りもありません。

20代後半にもなると、結婚に対して焦りもあり、恋愛や結婚には無縁のセフレであってもアプローチをしてくる事があります。
そうなると面倒な関係に発展してしまいますが、18〜22歳までの女子大生であれば、気楽に遊んでいるだけなので、何も責任を取る必要がないのです。

それに社会人のセフレよりも女子大生のセフレの方がお金がかかりません。
なぜかというと、彼女たちがまだ恋人とホテルに行く際にも学生同士となるので、安いホテルや飲食店しか利用していないため目が肥えていないためです。

これが社会人のセフレになると、安いホテルはアメニティが充実していない、この男性はケチだと判断されてしまいます。
その点女子大生なら、安いホテルでも文句は言わず、安い飲食店でも奢ると喜んでくれるので、奢りがいがあると言えます。
このように女子大生なら、セフレにするメリットが多いので、競争率が高くても苦労して作る価値は十分にあります。